【ルール】

Hawaiian Style Portlock Pool Party Holga 35mmHawaiian Style Portlock Pool Party Holga 35mm / Justin Ornellas

 

水球のルールについては、基礎知識のページでも書きましたが、
他のスポーツに比べると大きく異なる所が多いです。
このページでは、試合時間やゴールの大きさなど細かな決まり事の説明をします。

【フィールド】
横20センチ×縦30センチで、推進2メートル以上のプールを使用します。
フィールド内には、色付けされたラインがあるのですが、それぞれ意味があります。

赤・オフサイライン、白・ゴールライン、ハーフライン
黄・ペナルティライン(ゴールから5メートル)

【ゴールの大きさ】
白のバー・ポストで幅が3メートル、高さ0.9メートル

【ボール】
ゴム製の物で、黄色と青に塗られた68センチ~71センチ、
重さは、400~450gの物を使います。

【試合時間】
試合に用いられる時計は8分計といって特殊な時計を使います。
8分間のプレー×第4ピリオドで試合が行われます。
第2ピリオド終了後に5分間のハーフタイムがあり、その後にコートチェンジをします。
8分計は正味時間を計測しているので、得点・ファウルの場合は、ストップします。
その為、サッカーのようにロスタイムのような時間が発生する場合がございます。

【攻撃時間】
攻撃は30秒以内に行わなくてはいけません。この時間も30秒計という時計で計測をしています。

【タイムアウト】
攻撃中に1試合2回タイムを取ることができます。(1分間のみです)

【ファウルについて】
ファウルは大きく分けて2種類あります。軽い反則、重い反則です。
サッカーに置き換えると、イエローカードとレッドカードです

軽い反則の事はオーディナリーファウルと言い、何度犯しても退水にはなりません。
軽い反則とはボールを両手で持つ事や、相手選手の上を泳ぐ事などです。

重い反則の事はパーソナルファウルと言い、パーソナルファウルを受けたプレーヤーは、
退水を命じられ、一定期間プレーができなくなります。
サッカーの場合、レッドカードに当たるファウルなので、
サッカーではレッドカードの場合は、その試合に出る事はできませんが、
水球では、わずかな時間でプレーに戻る事ができるのが、大きく異なります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧