◎水中歩行 歩き方

Swimming polar bearSwimming polar bear / Marit & Toomas Hinnosaar

 

水中歩行とは名前の通り、水中を歩く事を言います。
ただ歩くだけでも、健康効果・ダイエット効果は期待できますが、
もっともっと効果を出す為に、歩き方が色々とあります。

水中歩行の歩き方について、ご紹介します。

○前向き歩行

こちらはスタンダードな歩き方です。陸上で歩くのと同じように歩くのですが、
背筋をまっすぐ伸ばして歩く事がポイントです。
背筋を意識して伸ばす事によって、全身がキュっと引き上げられるので、
全身の筋肉に働きかけができます。
さらに、背筋を伸ばすと必然的に腹筋に力が入るので、
お腹周りのシェイプアップにとても効果的なのです!

○後ろ歩き歩行

名前そのまま後ろを向いて歩く事です。
基本的には前向き歩行の後ろ向きバージョンなのですが、
前向きと違う所は、つま先から着地をする事です。
前向き歩行の時は「かかと」から着地をするのですが、後ろ歩きの場合は、
つま先から着いて足裏全体に体重を移動させていきます。

ウォーキングする時は腕は振って歩いた方が良いのですが、
後ろ歩き歩行の場合は、普段あまり感じない抵抗を受けるので、
慣れるまでは腕を振っての歩行は少々難しいかもしれません。
無理せず腕を伸ばして歩きましょう。

○腿上げ歩行

前向き歩行の要領で歩き、足を上げる時に意識的に腿を高く上げる歩行の仕方です。
いきなり両方の腿上げを始めるのはキツイので、
片足ずつ交互に行う事から始めるのが無理なく続けられるポイントです。
腿を上げる時に、水の抵抗・水圧をうけるので、
陸上の何倍もシェイプアップに効果が期待できます。
スローモーションのようにゆっくりと上げ下げを行うと、
ブルブルと腿が揺れるのが分かります!

○四股踏み歩行

お相撲さんの四股踏み。こちら何年か前からダイエットに効果的として、
本やメディアで注目されていますね。

この四股踏みは、ダイエットに効果的というよりも、下半身強化に最適なのです。
下半身を鍛える=ダイエット・シェイプアップという事なのです。

そんな四股を踏みながらのウォーキング、他の歩行方法に比べてキツイのですが、
陸上で四股を踏みながら歩いてみて下さい。
中腰のまま10歩も進んだら、自分の体を支えるのにとってもキツイと思いますが、
水中で行えば、足・腰への負担は軽減されるので、
陸上では継続できなかった事が出来てしまうのです!
※四股踏み歩行は、立った時に膝位の水位の所で行いましょう。

このようにスタンダードな歩行やユニークな歩行方法まで、
水中歩行には種類があるので、ローテーションで組んでみるといいでしょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧