◎水中歩行 カロリー

Ado Annie Takes a SwimAdo Annie Takes a Swim / Waldo Jaquith

 

水中にいるだけで私たちの体は体力を消耗していきます。
では水中で運動をしたらどれほどカロリーは消費するのでしょうか。

まず陸上歩行をした場合ですが、1分間に約3キロカロリーを消費します。
1分間というのは個人差がありますがおおよそ100歩程です。
ですので30分行った場合、約100キロカロリー消費する計算になります。

では水中歩行は・・・?

1分間に消費するカロリーは約9キロカロリーで、
30分行うと約270キロカロリーを消費します。

水中歩行は数字で見ると陸上に比べて3倍の消費カロリーが期待できるのです。

水中では陸上のようにサクサク歩行ができないので、
1分間に歩く回数は陸上の半分くらいなのですが、それでも3倍なのです!

その分体力も消耗されているわけで、疲労感もあるのですが
水中では体に負担がかからないので、
陸上で行った時に感じる足の鈍い重さは、あまり感じないでしょう。

ここで少し話はそれますが、シンクロナイズドスイミングのお話をします。
シンクロナイズドスイミングとは、水泳種目の一種なのですがタイムを競うのではなく
水深3メートル以上のプールで、新体操のように音楽に体を合わせて技を行い
表現力や完成度、芸術性などを点数で競うスポーツです。

このシンクロナイズドスイミング選手のカロリー消費がものすごいのです。
練習中はほとんど水中で、ハードな練習をしているので、
消費カロリーは1度の練習で約5,000キロカロリーも消費します。

消費カロリーの高い運動として水泳のクロールがありますが、
クロールの場合、1時間行った場合、約1,000キロカロリーです。(女性)

シンクロナイズドスイミングと同じ5,000キロカロリーを消費するには、
5時間行わないと消費できないのです。
それだけ、シンクロナイズドスイミングはハードという事が分かりますね。

ですがその分、摂取カロリーも多いのです。
トップ選手になると、1日に摂取するカロリーは4,000~6,000キロカロリーにもなるそうです。

それだけ水中にいるとカロリーを消費し、体力を消耗するのという事が分かりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧