◎クロール

swimmingswimming / Jim Bahn

 

4泳法の中で最も基本的な泳法であり全ての泳ぎの基礎となり、
4泳法の中で最も速く泳げる泳法です。
泳ぎ方は、両腕を交互にまわし水をかき、両足を交互に上下に動かします。(バタ足)

水泳の3大原則というものがあり、クロールだけでなく全ての泳法に共通していますので、
きちっと意識して行いましょう。

===============================================================================

【3大原則】

1、しっかりとかく事!
ボートのオールと同じで、人間の体もかかなくては進みません。
力強く前へ前へとかきましょう。

2、抵抗を最小限に!
水の抵抗を最小限にする事で、速く泳ぐ事が可能です。

3、しっかりと浮くこと!
水にしっかりと浮かなくては、速く泳げません。
沈んでいくとその分、水の抵抗を受けます。

================================================================================
クロールの足・キックは、足をバタバタさせていればOKと言われればそうなのですが、
実は非常に難しい技術なのです。

ただ進むためのキックであれば、慣れてしまえば進めるようになりますが、
ぐいぐい進むキックとなると、習得すのには時間がかかります。
足だけでなく腰も使ってキックをするのが、クロールに最適な方法なのです。

一般的なクロールの息継ぎは、3かきめで横を向き呼吸をするのですが、
初心者の場合、この息継ぎの時に顔が上に上がってしまい、
お腹から足にかけて沈み、スピードが遅くなってしまいます。

3大原則でもあるように、しっかりと浮くことが速く泳ぐコツでもあるので、
体が沈まないように、息継ぎの時にはきちんと横を向き
頭があがらないように行う事がポイントです。

息継ぎをするしないでは、スピードが大きく変わってくるのです。
ですから大会などでは息継ぎは最低限しかしないのです。

クロールはスイミングクラブなどで、4泳法の中で1番はじめに覚える泳法です。
基礎・基本がたっぷりとつまっているので、きちんと正しく覚えましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧