◎運動実施時の注意点

タイトルなし

 

運動中の事故や障害については、『運動中の事故・障害ページ』でご紹介したとおり、
気を付けなければいけない事が多々あります。

健康の為に行う運動で怪我や事故に合う事は、本末転倒です。
自分では安全に十分に注意していても、巻き込まれる事もあるので、
自分だけでなく、自分の周りにも注意を向けましょう。

特に水の事故というのは恐ろしいもので、
このページでは水の事故について詳しくお話していきます。

暑くなると川や海での事故が多くなります。
子どもだけでなく大人も事故に合う可能性は十分にあります。

水の事故は一瞬なのです。
アクアエクササイズを行うのはプールで、
水がお腹もしくは胸下あたりなので、危険な事はないと思うかもしれませんが、
決して、油断は禁物です。

アクアエクササイズは、水の浮力によって体にかかる負担は軽くなる事を利用して、
陸上では行いにくいポーズや動作を行います。
例えば陸上では足を上げるのがお腹あたりまでしか上がり難い人でも、
水中では体が軽くなり、胸あたりまで上がるなど、水中では体が普段よりも軽く感じます。

アクアエクササイズを行う人は、普段バリバリ運動を行っている人というよりも、
そうでない人の方が多いかと思います。
普段からきちんと体を動かしている人であれば問題ないのですが、
あまり運動をしない人は、足をつってしまったりしびれたりする可能性があります。

足をつってしまったりすると溺れの原因になり、大変危険です。
その為にも準備運動は必ず欠かさず行いましょう。

事故が起きた場合は、早期対応が生死を分けます。
安全確保をしたのち、すぐに119番へ連絡を行いましょう。
心肺停止などの緊急時の為にも、『AED』の使用方法等をよく理解しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧