◎アクアエクササイズの必要性

Swimming PoolSwimming Pool / Dennis Wong

 

私たちは全体の70%を水に囲まれた地球環境で生活しています。
沐浴・入浴・水泳・海水浴・水中運動水など生活と水は切り離せない関係にあります。

古代ローマ文明より、『水は健康の源である』という言葉が残されています。
現代では、ただ水に浸かるというだけでなく、水中で運動を行うまでに発展しているのです。

1960年にアメリカ元海軍が泳げない高齢者に垂直姿勢で運動を指導したことから始まって、
1980年代には日本でも水中運動が紹介されるようになりました。

近年では、水中運動は健康づくりの手段としてリハビリテーションの現場や
スポーツクラブで導入されているポピュラーなエクササイズです。

『浮力』とは水中に浸っている部分と、同じ体積に相当する水の重さ分だけ
重力と反対方向に働く力を指します。
これはアルキメデスの原理と呼ばれています。

水の抵抗の大きさは動作スピードの約2乗倍に比例していて、表面積にも比例します。
水中で動作を行う場合、個人の動くスピードに応じて負荷調節が可能なので
個人の体力・運動能力に負荷を合わせることができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧