◎有酸素運動と無酸素運動

Jogging coupleJogging couple / Ed Yourdon

 

運動するうえで大事なのは、有酸素運動・無酸素運動です。
特にダイエット目的で運動をされる方にとっては最も重要になりますので、きちんと理解をしておきましょう。

【まずは有酸素運動について】

有酸素運動はウォーキングやエアロビクス、水泳などの運動に当てはまります。
酸素を普段より多く体内に取り込みながら行う運動の事です。
取り込んでいる酸素を使って、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼することによって、
エネルギーを生み出します!

有酸素運動は激しい運動ではなく、少し息が弾む程度の運動という所がポイントです。
体が疲れないので乳酸を生じさせず、疲れが蓄積せずに、
途中からエネルギー源が徐々に体脂肪に切り替わっていくので、
長時間運動を続ける事で脂肪燃焼してくれるのです。

体脂肪が燃え始めるのは、運動を始めて20分後からといわれています。

【無酸素運動】

無酸素運動は有酸素運動の逆で、激しい運動をしている時は息を強く吐いたり吸ったり、
楽な呼吸がしにくくなる為に、酸素の取り込みが少なくなってしまいます。

無酸素運動は筋肉内の糖質を使うのですが、この糖質は蓄えが少ない為、
長時間続けることはできません。有酸素運動とは逆の瞬発的な運動になります。

例えば筋力トレーニングで階段の上り下りがありますが、
あれをずっと続けていると足が重たくなってきて、だんだん足が動かなくなってきます。
それは乳酸が分泌しているからなのです。
糖質を使いすぎないようにセーブしているのです。

有酸素運動が脂肪燃焼に効果的で、無酸素運動は筋肉を鍛えて、基礎代謝を高める事ができます。
脂肪を燃やすには筋肉がないと燃えにくいので、無酸素運動で筋力を付けて、
有酸素運動でじっくり脂肪を燃やすというのがダイエットには効果的な方法です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

カテゴリ記事一覧